デリヘル嬢も喜ぶプレイテクニック

プレイテクニックに自信のある男性は結構多いと思いますが、実のところデリヘル嬢に言わせると下手なお客の一人ってあるみたいですよ

*

全国のデリヘル嬢からも嫌われる客って

いつ利用してもどんな容姿の客だろうと笑顔で相手をしてくれるという非モテ男子からは絶大な支持を誇っている全国のデリヘルですが、そこで働く女性も人間です、そして一人の女の子なんです。
見た目云々よりも、男性の職業などでどうしても受け付けられないという子は多いもの。
彼女たちの心のうちはなかなか聞くことはできませんが、ここはあえて公言させていただきましょう。(笑
まずは風俗の中でも大人数で利用することのあるキャバクラ。
ここで働く女の子たちが嫌うお客の職業、商売って知ってますか?
キャバクラやピンクコンパニオンが嫌うお客の第一位は『青年消防団の宴会』です、なんせ限度知らずの大騒ぎでピンクコンパニオンはきているドレスが脱がされる程度のレベルではなくなります。一言で言うならば、もうはちゃめちゃ(笑
がっつりな体育会系なだけに先輩の言うことは絶対!といわんばかりにお客たちは大騒ぎ。『金払っているんだから』と何でもありの大暴れ。彼らが去った店内はまるで台風かハリケーンが来たのかともいえるほどの荒れっぷり。
但し、青年消防団の方がデリヘルのお客として入るとごくごく普通のお客様だったりします。
団体意識といえばある意味、暴走族みたいなもんなのかも知れませんねw

では、全国的に見てデリヘル嬢が嫌うお客の業種ってなんでしょうか?
堂々の栄えある第一位は『公務員』ですw なんせ偉そうな高飛車目線で雰囲気も何もあったもんじゃありません!
市役所など職場での立場や役職はどうだか知りませんが、人としてデリヘル嬢を扱ってない位の勢いで無茶振りを言う方が非常に多く、全国どこのデリヘル店でも嫌われ者だったりします。また、実はアブノーマルや性癖をお持ちの変態さんってケースも多いみたいですね(笑
ちょっとどころかかなり変わっていて、それなら専門店にいけば!?なんて女の子のお怒りの声が聞こえてきますね。

次に嫌われるのが『医者』とか『教師』などがデリヘル業界で嫌われるお客の商売だったりします。
医者は性感染症の専門的な部分も多少はかじっているので、たとえ担当の科が内科だろうが外科だろうがそれっぽくいってくることも。そして性病知識をひけらかして女の子をやたらと不安にさせたりします。実際は歯科衛生士なのに自分のもっている時には間違っていることも混じった曖昧な知識で脅かされたら働くこと自体が強くなってしまいますよね。
教師はデリヘルに遊びに来ているのに一生懸命本番をしようと女の子に迫ります。しかし国内のデリヘルで働いている女の子は断るのも日常茶飯事でお手の物。しかしそんな自分の思い通りにならないことに気分を悪くしたのか、しっかりと射精までしてから強要で断られたことについてのお返しをしてきます。『デリヘルなんかしていないで真面目に…』って聖人君子の如く説教始める勘違い先生は多いんですよね。とりあえずパンツ履いてから言えよと女の子は心の中では思っているはずです(笑

また、プレイにしても女性の下半身がまだ濡れてもいないのに、強引に指でゴリゴリすれば女性は濡れます。
これは異物侵入で傷みを軽減する為に本能的に潤滑油を排出しているというだけで、女性は痛いだけなんです。決して女性が喜ぶ行為でも内容でもないのですが、女性を濡れさせるテクニックと勘違いしているお客はあとを立ちませんw
実際問題、全国のデリヘルで働いている女の子たちはお金を貰っているだけに痛みを我慢して、雰囲気を壊さない様にリップサービスをしているだけ。雰囲気を壊してしまうと途中で萎えてしまったり、もう勃たなくなったなどとクレームの対象になるのも後々面倒だと考えてしまうからなんですね。しかし、心の中では『最低なテクなし客』としか思っていないのが現実だったりします。
こうした勘違いの男性というのは全国どこにいってもいて、それを正そうと使用にも彼女や奥さんになる人がいなかったり、いたとしてもその男性にまったく興味を示さないため直してもらえる過程がどこにもないままデリヘルで自己満足で終わってしまうのですね。
まったく残念といいますか、可哀想といいますか…乙!!ってところでしょうか(笑

デリヘル嬢が喜ぶプレイテクニックと嫌う行為をちゃんと知っておけば、プレイ終了時の『また来てね♪』が全く違ってきます(笑
マニュアルで帰り際には必ずキスをしなさいとかハグをしなさいなんていう店もあるようですが、それは彼女たちがイヤイヤやっているのか心の底からの笑顔とともにやってくれるのかでは雲泥の差です。
諭吉さんをまた運んできてねwっていうのと、本気でまた逢いたいって思われるのと貴方はどっちなんでしょうか?w
もっとデリヘルを楽しみたいって方へお薦めなのがデリノートです。

公開日:
最終更新日:2016/08/12